足のむくみ

脚のむくみの原因とは?

朝はスッキリとしていた脚が夕方になると太くなって、中には指で押した後にしばらくの間は跡が元に戻らないということがあります。それは脚のむくみが原因として起こってしまう症状の1つあり、なぜ脚がむくんでしまうのかといいますと、血流の流れが悪くなって体の水分が脚に溜まってしまうのです。体のシルエットを見ると分かりますが脚は心臓から遠い箇所にあり、心臓が体内のポンプという役割で全体に血液を送るようにしていますが、その働きが悪くなってしまいますと足のつま先まで上手に血液が流れにくくなります。その時に足の組織液の巡りが悪くなってきますので、水分が少しずつ溜まってきてむくみの状態となるのです。

 

血液の循環が不十分ということから単純に体が冷えていることが原因となってきますが、この他にも生活習慣が乱れで体の疲れがしっかりと取れていない若年層、または筋力が低下しやすい高齢者でも脚のむくみの症状が起こってしまいますので、老若男女問わずほとんどの人がなりやすいのです。
この他にも肝臓や腎臓、心臓部に病を持っている人も脚のむくみを起こしやすく、大抵はマッサージや加圧ソックスを履くなどしてしっかりとケアをすればむくみは取れることができますが、継続して脚がむくんでいる人や悪化してきた場合には、これらの機能に障害が出ている可能性がありますので1度通院して医師に相談をしてみましょう。

 

女性のふくらはぎのむくみを解消する方法

 

むくみがひどく、脚に痛みを感じるような場合は、さらにむくみを進行させてしまう可能性がありますし、時には病気が隠れている事もあるので注意が必要です。病的なものではなく、一過性のむくみの場合は、適度な運動や塩分摂取を控える、冷えを解消する。長時間同じ姿勢である場合は定期的に短いスパンで少し動く。といった解消方法があります。

 

痛い部分をどうにかすると言うよりは、むくみを解消することで痛みが軽減されることを目的としています。適度な運動をすることで、血行を促進し、筋力アップにより代謝が上がりむくみにくい体質を作ることが出来るので、根本的な解決をめざし健康的な体を目指すのであれば一石二鳥と言ったところです。むくみに対してどんなアプローチをしても、むくみも痛みも改善でき無いという場合は、大きな病気か隠れている可能性があります。
むくみは血管と非常に密接している症状のため、血管内に大きな問題があったりすることも少なくありません。むくみが解消されにくく痛みも伴う様であれば、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

 

ふくらはぎと太ももダイエット

続きを読む≫ 2015/07/08 17:29:08